種類は違えど1つの共通点を持つ我が家のペット達。 先代フェレット亡き後また飼おうか悩んだ末新たに 迎えたのはカニンヘンダックスでした。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊覧船乗り場を離れ、一路南西へ。
箱根やすらぎの森に向かいます。
やすらぎの森






案内図がありました。

 *クリックで拡大





やすらぎの森
このようにワンコもOK。





やすらぎの森
9時から17時までの開園だそうですが駐車場の閉鎖時間に注意。





ここの良いところは何と言っても、入場料や駐車料金が掛からないという事。VIVA無料!!
(注:森のふれあい館は有料です)
ここには園内中央沿いに点在する芝生の広場と、そのさらに先にハイキングコース的な
道が伸びています。
広場はまさにワンコ連れには打って付けの場所。
やすらぎの森
やすらぎの森
ハイキングコースも一回りしてみましたが階段が大きく、急勾配なため
ほぼ、アルを抱っこしながらの登り降りになり大変でした。
階段ばかりでもないので、山道になればアルに自力で歩いてもらいましたが
結果最後まで元気だったのはこの子だけという・・・(;´д`A
なかなかハードなコースとなっています。





広場の大きさは様々で、あと平坦な広場もあれば傾斜のついた広場もあったり。
とは言えどこも十分な広さがあるので、フリスビーやボール・凧・バドミントン等の
遊び道具を持参すると、より楽しめそうですね。





まず入り口から真っ直ぐ道沿いを進んで左へ入り、この先を抜けて見えてきたのは
やすらぎの森
やすらぎの森
おにぎり広場
少し傾斜がかった長広いところです。
屋根つきベンチは暑い日差しを避ける場合に打って付け。
おにぎりではないけど、ここで遊覧船乗り場前の腸詰屋で買ってきた
ホットドッグをむさぼりましたw






再び中央の歩道へ戻り進んだ先には
やすらぎの森
かえでの広場
ここはおにぎり広場よりも平坦です。
若干他より狭いですがアル子には十分な広さ。





IMG_1885.jpg
はしゃぎ過ぎて、早速かえでの木に絡まるアル子。





やすらぎの森
何かいいものあったかい?





おっとこの広場で、数えるほどですが
やすらぎの森
食べれるのか毒なのか謎なキノコと





やすらぎの森
アザミを見つけました。
近寄らないよう気をつけていた方が良さそうですね。






IMG_1920.jpg
特にアザミは葉の先端にバラ並みの鋭いトゲが生えてるので
当たっただけでも痛いです(TАT)





さらに先へ行った左手に
やすらぎの森
森の広場がありました。
既にワンコ連れの方がいたので、少し眺めてから森のふれあい館まで戻りましたが
この反対側にファミリー広場があり、そこはベンチ数の多い休憩所といったところ。
展望所は残念ながら木で視界が塞がれ、湖を見下ろす事は出来ませんでした。
葉の落ちた頃なら見られるかもしれない。





ふれあい館は園内に入った最初に見える建物で、動植物の展示施設。
その裏に集合広場という園内1か2ぐらいの大きな広場があります。
IMG_1946.jpg
IMG_1951.jpg





伸びるリードを持ってきて正解でした。
IMG_1997.jpg
もー走る走る。





しかもこの時の気温は23℃。家を出た時は30℃あったというのに
箱根特有の変わりやすい山の天気効果で曇り空になり、日中でも
IMG_1968.jpg
ほれ、御覧の通り。この顔が全てを物語っていますなw
快適だー、まさに避暑地。うん、この夏は箱根に通おうか。
まだまだ犬と出掛けられる場所はたくさんあるようだしね。






と、ここで飼い主共々たくさん歩いて走り回って~してお腹が減り出した。(ホットドッグ食べたのにねw
次はアル連れOKなカフェへランチを食べに行くのでした。
やすらぎの森
つづく


スポンサーサイト
まずは
「箱根へ行ったらとりあえずこれは外せない。」
とまで断言してしまうほど気に入っている和菓子屋さんへ初っ端から寄り道です。
なんせ売り切れてしまう事が多いらしいのです。

箱根湯本駅前の国一を西へちょっと行くと
ちもと




左手に見えてきました。
ちもと
ちもと
湯もち本舗ちもとです。
向かって左側に3台分ほどの駐車場在り。





湯もち
看板商品はこの湯もち。
神奈川県の指定銘菓だそうで、このお餅
柔らかさがハンパないです。餅とは思えぬフワフワ感。
これなら喉を詰まらす心配もないかも。
角切り羊羹が混ぜ込んであり、味は少しマシュマロっぽいかな。
甘さ控えめでいて食べごたえもあるので、たった一個でお腹いっぱいにw
値段はちょっと忘れた(。-∀-)





忍
第19回全国菓子大博覧会・名誉金賞受賞の 与五郎 忍
つぶあんをはさんだお菓子でパッと見、まるでせんべいか何かで
挟んであるように見えたのは、平らな外観のせいw
この皮は刀のツバをイメージしたものだそうだ。
じゃあドラ焼き?かと思いきや、そういうしっとり感とは違う
少し香ばしい生地で落花生風味。他の物より甘めです。1個300円。






でも私のお薦めはこの
わらび餅
わらび餅
自分が子供の頃食べた、スーパーや屋台の物とはまるで別物。
こしあんがわらび餅で包まれており甘さも控えめ。いくらでもいけそうだw
あんこ入りのわらび餅自体初めてで、しかも物凄く柔らかい。
きな粉もこれでもかってくらい降りかかっていて、和菓子好きには
たまらない一品ではなかろうか。この6個入りは1120円。





それと

草だんご
草だんご
たっぷりのこしあんがヨモギ餅を被っているタイプ。これも甘さ控えめ。
おだんごってやっぱりおいしいな~と再認識出来る一品。2本入りで300円。

小分けのもので300円前後、箱詰めは1000円ちょっとから買え
7~9月を除き、配送も承っているそうです。





と、たくさん買って満足したところで、早速ここから芦ノ湖方面へ向かいます。





芦ノ湖
遊覧船乗り場沿いをアルと一緒に少し散歩。
標高が高いので涼しくていい感じです。船も大人気。
そしてアル子が楽しめる次の場所へ向かいました。



つづく


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 胴長短足フリーク, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。